So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

平ヶ岳(池ノ岳〜山頂) [山歩き]

木道を過ぎると視界が広がり姫ノ池が青空に映えて美しいです、水不足なのかあちこち干からびている池塘も有り水位も下がっていました。

ここから眺める平ヶ岳の稜線がきれいです、水筒の水補給に水場に向かいます。玉子石分岐を左折して下ります。水場の手前から沢沿いに水が流れていますがとても流れが弱く、水場と言うより平ヶ岳源頭清水が正しいです。煮沸した方が安全です、冷たい水で顔を洗うと命の水を実感した次第です。写真では透明なので水底しか写っていません。

木道を進むと姫ノ池との登山道と合流、キンコウカが見頃でチングルマ果穂も目立ちます、ハクサンコザクラも咲いていました。平ヶ岳山頂まで0.8kmの道標が有り本当の最後の登りが続きますが木道なので快適です。見慣れた至仏山(真横)、景鶴山、燧ヶ岳が逆方向なので戸惑ってしまいました。

平ヶ岳の2等三角点の場所に道標が有ります、もっと先を進むと最高地点手前で植生保護の為に通行止となっていました。山頂湿原は本当に平坦で会津駒ケ岳や巻機山と似ています。案内板によると古い平坦な土地が隆起し、浸食される以前の地形を今にとどめていると考えられるようです。

山頂でのお昼休憩は最高の展望です、下山リミットのお昼を過ぎたので玉子石を諦めて下山します。池ノ岳まで少し登りです、山頂ではau携帯は圏外(時々1X)、池ノ岳手前で4Gで1本アンテナが立ちますがフェイスブックの更新はダメでした。

下りは疲れもあるので慎重に岩場を下ります、オオシラビソの樹林帯は日陰なので少し早めに歩いて時間を稼ぎます。下台倉山からのヤセ尾根の下山が一番の難所です、午後4時を過ぎて慎重に下ったので登山口到着は午後6時過ぎで予定の午後5時をオーバーしてしまいました。午前5時出発して午後6時過ぎの13時間の日帰りはやっぱり暑さとの戦いでした。それでも平ヶ岳の山頂湿原展望は最高でした。

120.jpg
姫ノ池
121.jpg
平ヶ岳方面
66.jpg
姫ノ池
33.jpg
水場
122.jpg
水場(平ヶ岳源頭清水)
123.jpg
裏燧ヶ岳を望む
124.jpg
木道を進みます
125.jpg
平ヶ岳(2等三角点)
126.jpg
最高地点の手前で通行止
2018年07月27日 平ヶ岳(池ノ岳〜山頂)
nice!(12)  コメント(2) 

平ヶ岳(登山口〜池ノ岳) [山歩き]

5年前に下見した平ヶ岳に行こうと思い調べると、以前キャンプ可能だったのが最近キャンプ禁止となってしまったようです。夏休みを利用して今年は平ヶ岳にトライすることにしました、トイレは山頂にも有りません。

平均で約12時間の日帰りコースなのでいつも使用するザックに最低限の荷物になるように軽量化しました。その為にデジタル一眼レフは持参せずコンデジとスマホにしました、水は2リッターで水場で補給と決定。鷹ノ巣登山口の駐車場は週末は混雑するので26日木曜夜に車中泊、27日に日帰りとしました。登山口にバイオトイレはありますが水場は有りません、登山口を進むと下台倉沢があります。

午後4時頃に駐車場に到着、5台駐車されておりましたが、午後5時と午後6時に下山のハイカーが帰り3台となりました。27日の朝までに10台程度となりました。

接近する台風の影響は土曜日なので問題なし、午前5時前に出発、白沢清水までは以前歩いているのでちょっと安心です。天気も良く下台倉山までの急登が最初の難関です、ヤセ尾根(二本松尾根)は狭い場所では登山道は50cm程度で慎重に進みます。あちこちにロープが有り砂礫が滑るので注意です。急登の連続で水分補給すると体全体から汗が噴き出すのが分かります、熱中症が自分でも心配でした。(谷川岳の西黒尾根に似ています。)

やっと下台倉山に到着します、鷹ノ巣尾根は燧ヶ岳や会津駒ケ岳の展望が素晴らしいです。平ヶ岳と池ノ岳も見えて来て台倉山を過ぎるとオオシラビソの樹林帯の登山道になり暑さから解放されます。台倉清水の道標で休憩、水場は少し下ったオホコ沢源頭になります。次の白沢清水までは木道も有る平坦な登山道です、白沢清水は水量が弱く給水には不向きですので注意してください。

白沢清水から先は下見していません、池ノ岳に近づくと段々と急登になりこれが最後の難所です、一部ヤセ尾根があり緊張しました。急登を過ぎると木道となり姫ノ池に出ました。池ノ岳到着は午前10時半なので5時間半です。

100.jpg
鷹ノ巣登山口
66.jpg
ヤセ尾根
101.jpg
二本松尾根
102.jpg
平ヶ岳と池ノ岳(まだ遠くに見えます)
103.jpg
燧ヶ岳と日光白根山
99.jpg
日陰にほっとします
11.jpg
景鶴山
66.jpg
平ヶ岳の稜線
105.jpg
池ノ岳への最後の上り
2018年07月27日 平ヶ岳(登山口〜池ノ岳)
nice!(10)  コメント(0) 

熊沢田代 [尾瀬地域]

本日の熊沢田代は雲が多いものの暑くもなく、木道沿いはキンコウカが見頃でトンボも一杯飛んでます。明日は平ヶ岳登山なので御池から登り熊沢田代で戻ります。以前和風さん、和風子さんと熊沢田代まで一緒に登山したのを思い出しました。

広沢田代の池塘は水位が下がっていて一部枯れていました、広沢田代から熊沢田代に向かう途中の俯瞰の眺めも好きです。

11.jpg
広沢田代
22.jpg
広沢田代俯瞰
33.jpg
熊沢田代
44.jpg
熊沢田代の池塘
2018年07月26日 御池〜熊沢田代往復(約5時間)
nice!(7)  コメント(0) 

戦場ヶ原 [外出]

戦場ヶ原のお花と言えば湿原をピンク色に染めるホザキシモツケでしょう。ノアザミもきれいでしたがハクサンフウロは至仏山、燧ヶ岳、会津駒ケ岳で見かけます。奥日光の戦場ヶ原では木道沿いに沢山咲いていました、生き生きしているのを探して撮影しました。

野鳥撮影のハイカーが多く超望遠ズームが凄いです。ハイキングだけでなく釣りのハイカーもおります。

11.jpg
ノアザミ
22.jpg
ホザキシモツケ
33.jpg
ハクサンフウロ
2018年07月22日 戦場ヶ原(赤沼)
nice!(7)  コメント(0) 

火星 [天文]

避暑地次いでに奥日光に行って来ました、月没は午前零時過ぎで到着時は曇っていました。午前2時過ぎに目が覚めると晴れていたので少し撮影しました。

やぎ座を逆行中の火星、夏の大三角、カシオペヤ座を撮影して見ました。東から南は尾瀬より明るい夜空ですが北から西はなかなか暗い夜空です。人工衛星や飛行機の通過が多かったですが流星も数個確認しました。

66.jpg
やぎ座を逆行中の火星
77.jpg
夏の大三角
88.jpg
カシオペヤ座
2018年07月22日 戦場ヶ原(三本松)
nice!(4)  コメント(0) 

星空 [天文]

今回はあえて龍宮小屋の前から風景や建物を入れて方角が分かるように撮影して見ました。
天頂を見上げるとはくちょう座とわし座の夏の天の川、北極星とカシオペア座、そして火星と土星です。肉眼を超えてしまった星空の見え方にはちょっと露出オーバーで、反省点です。

22.jpg
天頂付近のはくちょう座と天の川
33.jpg
北極星とカシオペヤ座
44.jpg
火星と土星
2018年07月15日 龍宮小屋
nice!(8)  コメント(0) 

白虹 [尾瀬地域]

7月16日の早朝は日の出後でも朝靄が残っていて予想通り白虹が出ました。竜宮十字路ではやはり朝食時間開始だったので見ていた方は少なかったです。

白虹が出ていてもそれほどはっきりとした形ではないので説明しても、初めて白虹を見た方はどこですかと直ぐには気が付きません。この日もなかなか強い太陽光が当たりませんでした。

33.jpg
白虹
2018年07月16日 竜宮十字路
nice!(10)  コメント(2) 

尾瀬ヶ原 [尾瀬地域]

日本一小さなハッチョウトンボ、モウセンゴケの花、そして貴重なニッコウキスゲです。ハッチョウトンボ、モウセンゴケの花も小さいので等倍マクロでも不足していました。

22.jpg
ハッチョウトンボ
33.jpg
モウセンゴケの花
44.jpg
貴重なニッコウキスゲ
2018年07月15日 上田代
nice!(8)  コメント(0) 

土星と火星 [天文]

今回撮影したかったのが竜宮十字路から見たアヤメ平方面のさそり座といて座の土星と15日午前2時に撮影した火星です。

66.jpg
さそり座といて座の土星
77.jpg
やぎ座の火星
2018年07月14日、15日 竜宮十字路
nice!(5)  コメント(0) 

火星接近 [天文]

本日は朝方天気が良かったので以前の設備そのままで火星に望遠鏡を向けました。現在の火星はやぎ座を逆行中で-2.4等、視直径22.3”です、最接近時は-2.8等、視直径24.3”とまだ大きくなります。木星の視直径は40.1”程度で、土星が18”程度ですので土星より大きいです。

本当に赤い火星で怖いくらいです、この写真はもちろんノートリミングですが5月頃(視直径15.1”)と比較して大きくなりました。最接近時でも高度は約30度程度で南中は午前零時過ぎなので8月、9月にならないと見やすい時間帯になりません。

33.jpg
火星
2018年07月09日 自宅にて
nice!(9)  コメント(0)