So-net無料ブログ作成

桧枝岐歌舞伎 [外出]

桧枝岐歌舞伎は毎年5月12日(愛宕神祭礼奉納歌舞伎)、8月18日(鎮守神祭礼奉納歌舞伎)、9月第1土曜(歌舞伎の夕べ)があります。5月12日と8月18日の開催日は固定なので土曜日や日曜日とは限りません。9月第1土曜は週末に合わせて開催されます。

今回の5月12日は日曜日なので都合を合わせました、今年は桜は散ってしまいました。歌舞伎が始まるまでは客席にライトが当たっていましたが、開演すると舞台の照明だけでストロボ禁止となりました。寒さ対策と座布団(薄いですが座布団は無料貸出有り、石段に座ります)を持参することをお勧めします、9月公演では1200名の座席が全部埋まるそうです。全席自由なので早めに座席確保がポイントです。

しっかりと約1時間とはびっくりで素晴らしい演技です、舞台の音声は場内のスピーカーから流れます。事前に演目の解説があったので良く内容が理解出来ました。

上弦の月と舞台の頭上にうしかい座の一等星のアークトゥルスがしっかりと輝いていました。寄付金を収めると呼ばれます、尾瀬マウンテンガイドさんや駒ノ小屋さん、小鹿野歌舞伎さんも呼ばれていました。

00.jpg
檜枝岐の舞台入口
22.jpg
檜枝岐の舞台
33.jpg
石段の座席
11.jpg
演目開始
2019年05月12日 桧枝岐歌舞伎
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー