So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

節分草自生地 [お花]

小鹿野の節分草自生地は良い感じで咲いてます、余り直射光は嬉しくないです。

11.jpg

22.jpg

33.jpg

44.jpg
2018年03月04日 節分草自生地(小鹿野)
nice!(12)  コメント(2) 

陣馬山 [外出]

陣馬高原下バス停から歩き出して陣馬山山頂に到着しました。天気予報では晴れて来るようでしたが雨が少しぱらついています。久しぶりの山歩きは汗をかいてしまいました。

休憩中に段々と晴れて来ました、日差しが温かいです。山頂から栃谷尾根経由で下山して藤野駅から帰宅しました。

33.jpg
2018年03月10日 陣馬山山頂
nice!(3)  コメント(0) 

野辺山宇宙電波観測所 [外出]

久しぶりに野辺山に来ました、風が強いですが天気は良いです。野辺山宇宙電波観測所は見学コースがあるので45mの電波望遠鏡も間近に見ることができます、迫力が有りますね。

02.jpg
45m電波望遠鏡
01.jpg
ミリ波干渉計
2018年03月11日 野辺山宇宙電波観測所
nice!(8)  コメント(0) 

野辺山の夜空 [天文]

今日は野辺山の夜空を見たいのと八ヶ岳グレイスホテルでは毎晩晴れていれば星空鑑賞会が開催されているので参加しました。残念ながら近くのスキー場のライトアップ(スキー場整備の為)がまだ消灯されておりませんでした。八ヶ岳に沈む夕焼け空に金星と水星がきれいでした、八ヶ岳の影で見えないかと心配しましたが大丈夫でした。

今晩は天気も良くホテル隣接の広いグランウドで30分の星空解鑑賞会はレーザー光や望遠鏡でオリオン大星雲やかに座のプレセペ星団、ペルセウス座の二重星団はやっぱい空が暗いのでコントラストが有ります。星空解鑑賞会後に撮影したオリオン座とおおいぬ座はやっぱり暗いです、スキー場のライトアップでオリオン座がカブっています。

星空案内人の河本玲子さんの星座解説は流石で良い勉強になりました、黄道十二星座と言うか誕生日の星座を説明するのは嬉しいですね。

22.JPG
水星と金星(平沢峠展望台)
11.JPG
オリオン座とおおいぬ座(八ヶ岳グレイスホテル)
33.JPG
北斗七星(八ヶ岳グレイスホテル)
2018年03月11日 野辺山(八ヶ岳グレイスホテル)
nice!(10)  コメント(2) 

八ヶ岳展望 [外出]

3月10日陣馬山の帰りの中央線で小海線は線路内落石で佐久平〜野辺山駅間は運休の情報でした、11日には再開したようです。佐久平から野辺山に向かう途中でHIGH RAIL 1375の撮影待ちをしていました。

12日の早朝は天気が悪く木星、火星、土星、月齢24はちょっとしか眺めることが出来ませんでした、朝食後の八ヶ岳グレイスホテルを出発する頃には客室から眺める雪化粧の八ヶ岳がきれいでした。長野県側の八ヶ岳展望は見慣れていますが、山梨県側の展望は久しぶりでした。

JR鉄道最高地点の看板はJR野辺山駅ホームにありますが、八ヶ岳グレイスホテルの踏切付近が本当の最高地点のようです。

44.jpg
HIGH RAIL 1375(観光列車)
33.jpg
八ヶ岳(山梨県側)
22.jpg
JR鉄道最高地点(1,375m)
2018年03月12日 八ヶ岳グレイスホテル
nice!(9)  コメント(0) 

N.C.A [天文]

望遠鏡での惑星の撮影には拡大撮影用のN.C.A(カメラアダプター)がないと木星や火星の撮影はとても小さくて無理です。接眼鏡の像を肉眼の代わりにデジタル一眼レフカメラで覗かせます。

これまで惑星の撮影には興味も無く月の撮影程度であれば望遠レンズや望遠鏡の直焦点撮影で十分でした。今年の火星接近の撮影の為にN.C.Aを探しましたが、製造中止の古い物でしたので中古品をやっと探して本日購入しました。

ここ数日は天気が悪いので金曜日頃に木星と木星の衛星のテスト撮影が出来そうです、シーイングが良くないと困りますね。惑星の拡大撮影は天体写真30年以上で初めての経験とは自分でもびっくりです。

44.jpg
接眼鏡(アイピース)
55.jpg
N.C.A(カメラアダプター)
2018年03月18日 N.C.A
nice!(5)  コメント(2) 

佐久市子ども未来館 [プラネタリウム]

佐久平駅を降りると雪が降っていて寒いです。本日は佐久市子ども未来館のプラネタリウムリニューアルオープンに行って来ました。

五藤光学の新型のオルフェウスはコンパクトで惑星投影機も同架されています、星像はLED光源を採用してシャープで天の川もきれいでした。従来のモリソン式のプラネタリウムでは惑星投影機の先端には北天と南天の一面だけ恒星面が必要でしたが、この機種ではシフトして北天と南天の一面を投影しており、88星座絵も内蔵しています。ソニー製の4K全天周デジタル投影機は2台です、座席も広くゆったりとしています。

番組の前半は本日の夜空の生解説で、後半はこの館の名誉館長の「油井宇宙飛行士が見た地球」の番組でした、油井宇宙飛行士は長野県出身です。

I165.jpg
佐久市子ども未来館
33.jpg
ドーム内
22.jpg
オルフェウス投影機
11.jpg
オリジナル番組
2018年03月21日 佐久市子ども未来館
nice!(7)  コメント(0) 

星空案内人になろう! [天文]

今年の一つの目標が星空案内人になることです、2年前には天文宇宙検定3級を修得しています。

この本は天文宇宙検定と内容にダブル部分もありますが、星空観望会等のボランティアの実践が必須となります。東電小屋で頂いた本のしおりが大変重宝しました、もう一つ欲しいですね。

99.jpg
2018年03月24日 自宅にて

nice!(5)  コメント(0) 

月齢7.6 [天文]

先日中古品をやっと購入したN.C.A(カメラアダプター)で月面と木星のテスト撮影を実施しましたが、今晩は天気が良くゆっくり撮影出来ました。

本日は天気も良くシーイングも安定していました、木星の拡大撮影は画質的に無理なので月の拡大撮影にトライしました。拡大率を抑えて110倍(K9.0mm)ではどうにか見られる画質となっています。

33.jpg

44.jpg

55.jpg

2018年03月25日 自宅にて
nice!(9)  コメント(2) 

木星 [天文]

本日午前4時20分頃の木星らしい撮影がやっと出来ました、薄曇りでシーイング安定しているように思えました。木星の周りには衛星が3つ確認出来ましたが木星との露出差が大きいので写っていません、木星表面の縞模様がやっぱり雄大さを感じます。

トリミングはしておりません、画像処理もしておりません、JPEGの1枚撮影です。ファインダー上でも暗いのでこれ以上の拡大は難しいです、限界でしょうね。20cmクラスの反射望遠鏡が必要です。

現在の木星の視直径は約40”で最接近時の火星は約25”です、もう少し拡大して撮影しないと寂しい火星になってしまいそうです。

33.jpg
木星
2018年03月28日 自宅にて
nice!(9)  コメント(2)