So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

会津駒ケ岳 [尾瀬地域]

冬道は直登が多いのでちょっと疲れました。会津駒ケ岳に到着です、風が有りますが良い天気です。

ヘリポート跡手前の急坂の残雪に注意してください、水場の少し手前から残雪が連続します、時々風が吹いていましたが稜線に出る頃には止みました。もちろんこの時期は水場はまだ雪の下です、サングラスと日焼け止めは必須です。アイゼンは持参しましたが使用しませんでした。

駒ノ小屋のベンチに荷物を置いて山頂まで往復です。山頂から見る中門岳の残雪の稜線がきれいです。駒ノ小屋に寄って挨拶して来ました、イワウチワが咲く頃宿泊したいです。

下りは水場過ぎてから雪解け水で登山道は沢状態です、長靴が欲しかったです。やはり水は2リッターは必要ですね、特に下山時はお昼を過ぎて気温が上がり風がない樹林帯は暑かったです。

残雪時は夏場であればこの辺りかと想像して登るのが楽しいですが道迷いには十分注意です。行きは晴れていても下りがもしガスると本当に怖いです。遭難事故も発生しています、赤マーキングとGPSが頼りです。

88.jpg

11.jpg

22.jpg

44.jpg

33.jpg

2018年05月01日 会津駒ケ岳(滝沢登山口〜山頂、往復約7時間)
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。