So-net無料ブログ作成
検索選択

広島市こども文化科学館 [プラネタリウム]

プラネタリウム巡りはもう10年以上前から行っていて北海道から沖縄の全国のプラネタリウムを見て来ました。

リニューアルオープンで関東以外に出かけるのは5年以上前です、今回は広島市こども文化科学館のプラネタリウム投影機のリニューアルです。(尾瀬入山の前に計画しておりました。)
以前の投影機を新規に新しい機種にするのが一般的ですが、この館の場合は本体はそのままで内部の恒星原板の最適化と光源をLED、全天周映像をデジタル化しました。MS−20ATのリニューアルで天の川も恒星原板で表現するメガスターと同様な方法です。

広島駅で新幹線を降りて昼食を取っているとスマホの緊急地震速報が鳴ってちょっとびっくりでした。広島駅から路面電車で原爆ドーム前で下車、広島市こども文化科学館は徒歩5分程度で到着しました。リニューアルとなるといつも混雑する館が多いのですが、この館の場合は満席もなくほっとしました。

最初は一般番組の生解説+オート番組「天の川 アイランド・ヒーリング」です、天の川を意識した番組で冒頭は何故か緯度が低く南十字星が見えて嬉しくなってしまいました。星像はシャープでいつも見慣れているメガスターIIIの天の川に迫る感じでした。番組内容はもう少し天の川や夜空をじっくり見せて欲しい印象で、ブライトスターも抑え気味だったのが残念でした。

もう一つの番組はリフレタリウム - 2016 Spring Program -で星座解説なしの音楽メインでした、この番組の方がじっくと満天の星空と天の川が満喫できました。

hiro1602.jpg
原爆ドーム前で下車
hiro1603.jpg
広島市こども文化科学館
hiro1601.jpg
MS−20ATバージョンアップ
hiro1604.jpg
デジタルドーム(メディアグローブ)
2016年04月16日 広島市こども文化科学館
nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー