So-net無料ブログ作成
検索選択

三条ノ滝 [尾瀬地域]

8月14日の早朝は雨でした、朝食を済ませて身支度をしてネジバナを撮影したいので赤田代に向かいます。雨も上がりましたが天気が安定しません、尾瀬沼経由で御池に戻る予定でしたが先月末に行ったのでやっぱり三条ノ滝を見て帰ることにします。

平滑ノ滝付近では小雨となり急坂の下りの雨なので足元に注意します、三条ノ滝に向かう登山道はぬかるみが多いですがしっかりと整備されていて問題なしでした。三条ノ滝分岐からは梯子を2回下りると展望台に到着します。何年振りの三条ノ滝か記憶にないほど久しぶりです、水量を考えると5月下旬が一番良いです。

今回の一番の難所はやっぱり兎田代下分岐までの急な上りです、ここは逆ルートの方が楽だと思います、やっと兎田代に出て暫し休憩です。小沢平分岐には通行禁止の案内がありました、ここを右折して燧裏林道に出ます、地図では兎田代上分岐となっています。

ここまで来れば楽になりますが、御池までは全体的に登りでちょっと辛いです、裏燧橋でお昼休憩にします。パンを食べてお湯を沸かしてコーヒーを飲むととても元気が出ました、西田代に出れば展望が開け湿原が広がりホットします。どうも疲れていて撮影した写真が水平が出ていないのに後から気が付きました。渋沢温泉小屋分岐の先の天神田代は狭いですが、晴れていれば燧ヶ岳の展望があります。

西田代、横田代、ノメリ田代、上田代、姫田代、御池田代と湿原が連続して無事に御池登山口に到着しました。曇りだったので良かったですがこれで晴れているともっと大変だったでしょう。

101.JPG
雨模様
102.JPG
温泉小屋のテラス席
103.JPG
平滑ノ滝
104.JPG
三条ノ滝
105.JPG
兎田代下分岐(小沢平)
150.JPG
裏燧橋
106.JPG
上田代
107.JPG
御池登山口
2017年08月14日 東電小屋〜三条ノ滝〜御池登山口(約8時間)
nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 10

コメント 2

鉄まんアトム

小沢平~渋沢温泉~兎田代の道はこのまま廃道になってしまうんでしょうかね。保護財団によれば、沢には橋が架かっておらず、徒渉は「渇水時でも膝下まで浸かる状況」だそうです。
渋沢温泉小屋のおしかった料理を思い出します。 小屋だけでなく、いよいよ温泉や滝もろともこのまま幻になっていってしまうのは残念です。
by 鉄まんアトム (2017-08-17 17:18) 

pulsar

鉄まんアトムさん、小沢平~渋沢温泉~兎田代は廃道になると思います。渋沢ノ大滝は渋沢温泉小屋から行く場合には渋沢を渡りますが、渇水時期であれば大きな石を伝えば渡れます。

渋沢ノ大滝直前にも渋沢を渡りますが、ここは最初から橋がありません、6月頃はいつも長靴で渡っていました。渇水時期であれば大きな石を伝えば渡れて滝壺まで可能です。もう通行禁止ですので自己責任で行くしかないでしょう、もう渋沢ノ大滝は幻の滝になってしまいました。


by pulsar (2017-08-17 20:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。