So-net無料ブログ作成
検索選択

至仏山往復〜山の鼻 [尾瀬地域]

5月2日は鳩待峠から至仏山に歩き出します、歩き出して30分程度でやっと全面残雪となりました、山頂は見えるものの曇っています。残雪時期は巻道を使用せず原見岩まで直ぐです、そして急斜面を登るとオヤマ沢田代で展望が開けます。

ここから小至仏山と至仏山の稜線が良く分かります、小至仏山のトラバースにはちょっと緊張します。至仏山直下の岩場だけ雪がなくアイゼンを外してやっと至仏山山頂に到着。山頂から見る尾瀬ヶ原に残雪が見えません、こんなGWの至仏山からの眺めは初めての経験です。(鳩待峠〜至仏山往復約6時間)

雪が少なかったのでスキーやスノーボーダーがいないので静かな至仏山散歩が楽しめました、下山開始すると段々と天候が回復して来ました。今年から鳩待峠第1駐車場は山小屋関係者やシャトルバスも進入禁止となりましたのでとても広く感じます。シャトルバスは鳩待峠第2駐車場で下車して登山口まで歩きます、帰りもチケットはいつも通りですが乗合バスも第2駐車場で待機します。

鳩待峠でお昼休憩した後ゆっくりと山の鼻に下ります、木道だけでなく残雪がない登山道は下るには有難いですがこんな情景は初めてです。テンマ沢のミズバショウも見頃を迎えておりましたが、ミズバショウの数が圧倒的に少なく感じ、水の流れも少ない違和感があります。

上の川上川橋からの川の流れも少なめです、山の鼻ももちろん残雪はなしでテント場も張数が少ない感じです。研究見本園も1周歩きましたがやはりGWとは思えない風景でした、ミズバショウが咲き始めていて、木道付近の小さく真白なミズバショウが印象的でした。

1001.jpg
鳩待峠第2駐車場
1000.jpg
鳩待峠から見た至仏山
16010.jpg
至仏山山頂からの展望
16011.jpg
小至仏山、笠ヶ岳、武尊山方面
16012.jpg
テンマ沢のミズバショウ
16013.jpg
夕暮れの至仏山
2016年05月02日 至仏山往復、鳩待峠〜山の鼻(約7時間)
nice!(11)  コメント(0) 

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。