So-net無料ブログ作成

アヤメ平 [尾瀬地域]

日没時は都合で撮影しませんでしたが、天気が良くなり月齢7の月が没むのを待って午後11〜午前2時頃までアヤメ平を往復しました。西の方角に夏の大三角(はくちょう座のデネブ、こと座のベガ、わし座のアルタイル)、北の方角に南中過ぎた天の川の続くカシオペア座、昇るおおぐま座(北斗七星)、秋の四辺形(ペガスス座の3星、アンドロメダ座の1星)、冬の大三角(オリオン座のベテルギウス、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオン)、ふたご座、ぎょしゃ座、おうし座、ペルセウス座、プレアデス星団。

冨士見小屋で晴れていても富士見田代やアヤメ平がガス状態で困ってしまいました、晴れたり曇ったりでした。それでもアヤメ平では満天の夜空を独り占めできて嬉しかったです、レンズヒーターは必須で少し風はあるものの夜露でした。

部屋に戻り朝焼けまで仮眠します、片品村の夜景が光害となって雲に反射していました。午前3時半を過ぎたのでまたアヤメ平に向かいます、雲が多いものの地平線付近は問題無いようです、薄明が始まると金星と火星が確認でき、冬の星座達が薄明に消えて行きました。

朝焼けはなんとも言えないような色合いで雲が有って良かったです、至仏山中腹にライトが光っているのは朝焼け狙いでしょう。至仏山は傘雲が段々と広がり一面を覆ってしまいましたが珍しい現象でしょう、アヤメ平も至仏山もそれほど赤くならなかったのが残念でした。木道の落葉と刈った笹が目立ちましたがそれほど濡れていなかったので安心でした。

朝食時間の午前6時過ぎに冨士見小屋に戻りました、何ともストーブの温かさを痛感しました。温かい朝食が待っている便利さはやっぱり山小屋です、冨士見小屋の閉館は残念ですが有難うございました。

fujimi1520.jpg
昇る冬の大三角(冨士見小屋)
fujimi1522.jpg
沈む夏の天の川(アヤメ平、至仏山方面)
fujimi1521.jpg
昇る冬の星座(アヤメ平、東の方角)
fujimi1519.jpg
朝焼け(アヤメ平、東の方角)
fujimi1518.jpg
朝焼け(アヤメ平、至仏山方面)
fujimi1523.jpg
富士見田代
2015年09月21日 冨士見小屋、富士見田代、アヤメ平
nice!(13)  コメント(2) 

nice! 13

コメント 2

とも

満天の星空 池塘にも映る星空 
ゆっくりと姿を消していく星たち・・・見てみたいものです
星空が恋しい・・・(^^;)
by とも (2015-09-23 10:19) 

pulsar

ともさん、夕暮れのアヤメ平は久しぶりで輝く池塘が印象的でした。冨士見小屋、アヤメ平、富士見田代では稜線上と稜線下とで天候が違うのを実感しました。10月12日はもう寒く木道の凍結も心配ですが、アヤメ平の満天の星空に期待しています、寝不足は覚悟してください。
by pulsar (2015-09-23 13:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。